SF2 ECCR バックマウントダイバーコース

  • SF2 ECCR バックマウントダイバーコース

SF2 ECCR バックマウント  最新鋭の電子制御クローズドサーキットリブリーザー 大容量スクラバー標準装備で長時間の潜水にも適しています、調査目的やCAVEダイビングにも使われています。

バックマウントコンフィギュレーションでは、SF2の最大の特徴であるカウンターラングがユニットに内蔵されていることから生まれるシンプルな器材構成により
CCRでは今までにないハーネスの胸回りのスッキリ感を実感することができます。
この事により器材脱着における自由度が大幅に向上する事でしょう!
なんと言っても特筆はWOB(呼吸抵抗)が驚くほど少ない自然な呼吸を体感できます。

担当インストラクターはSF2での経験も豊富で、サイドマウントコンフィギュレーション、バックマウントコンフィギュレーションを理解していますしリブリーザーの経験も数百時間を超えています。 特殊環境でのダイビング経験もあるので、ドリルスキルや通常ではオプションのスキルなどもお伝えして理解して頂けるコースです。
この最新テクノロジーのリブリーザーダイバーになってみませんか?

最大水深(m)
40 m
料金
242,000円
料金に含まれるもの
コース受講料、コース中の車での移動、飲み物、昼食
料金備考

教材、申請料金 別途  24,200円(税込)

追加トレーニングが必要な場合1日あたり27,500円(税込)にて追加トレーニングを受付いたします。

ボート乗船料金8,250円/1日(税込)

別途費用

レンタルユニットが必要な場合レンタル代金

ベイルアウトシリンダー、レギュレーター代金

二酸化炭素吸収剤(ソフノライム)、O2,DILシリンダー代金

所要時間
5日〜6日間
講習内容

学科講習(クラスルーム)

浅場の海でのスキル練習に先立ち実施することもあります

レクチャー ×半日

  • リブリーザーの歴史
  • リブリーザーの種類
  • SF2 ECCRの仕組み
  • 酸素センサー、炭酸ガス吸収キャニスター
  • ハンドセットコントロール
  • カウンターラングと浮力コントロール
  • ハイポキシア、ハイパーオキシア、ハイパーカプニア、
  • ループ内へのリーク
  • メンテナンス他
  • 最終テスト
  • ユニット組み立て

限定水域 ×半日

  • ユニットの準備とダイブ手順
  • トリムと浮力調整、フィンキック
  • ミニマムループボリューム
  • ハンドセットコントロール
  • OCベイルアウト手順
  • 緊急手順(ハイポキシア、ハイパーオキシア、ハイパー カプニア、ループ内への浸水)他

海洋実習 限定水域を含めて合計6~8ダイブ

  • 限定水域を含めて合計8ダイブ
  • トリムと浮力調整、フィンキック
  • コントロール潜降、浮上
  • ハンドセットコントロール
  • 緊急手順 3H手順
  • OCベイルアウト手順
  • SMB打ち上げ等

TAKE DIVEはScuba force正規販売店です。ユニットの購入やアフターメンテナンスも国内でお受けいたします。

すべてのトレーニング・ダイブは、希望によりボートで恩納村周辺のポイントに行って潜ることも可能。
その場合は、1日につき、乗船代¥8,250が別途必要です。(ボート乗船希望の場合は、定員の関係もあるので、予約必要)

身に付くスキル

認定の範囲内で最大水深40mでのCCRダイビングが可能になります。

減圧ダイバー認定がある場合ボトムタイム20分減圧時間10以内の減圧ダイビングも可能です。

参加基準について

減圧ダイバー認定またはDeepダイバー認定&ナイトロックスダイバー認定のいずれか

コース受講時に同時受講も可能です。

※減圧ダイバー認定を受けている方は減圧ダイビングが可能になります。

関連ブログ

Contact Us
お問い合わせ

テクニカルダイビング、CCRダイビング、CAVEダイビングなら、まだ自信のない方から超上級者まで満足いただけるようご案内いたします。
初心者や体験向けレクリエーショナルダイビングからライセンス取得、ステップアップトレーニングまで全て安心してお任せいただけます。
サービス技術者が在籍しているテイクダイブなら器材メンテナンス、O/H、O2クリーニング、器材購入、セットアップ等も全ておまかせください。
試着、チェックダイビング、販売、調整、チューンナップ、メンテナンス テイクダイブなら全て対応可能です!
- available in English -
TEL
- available in English -